ラズベリーと虫さされ

気が付いたら、7月も最後の週。いろいろ7月もあったんだけど・・・過去にさかのぼって、日記を埋めていこうと思います。

この週末は、あいにくの天気。一日中、雨が降っていた訳じゃないけど、この数週間の週末は、いい天気だったので、ちょっとがっくり。夏はあっという間に終わってしまうから、行事をこなさなくては、と焦ってしまう。この週末は、Russell Orchardsにラズベリー狩りに行こう、と話していた。季節ものだから、タイミングが大切。去年は、どうしようか・・・と思っているうちに、ラズベリーが終わってしまって、ブラックベリーに行ったのだ。なので、今年は、是非ともラズベリーに行かなくて!と意気込んでいた、親がえるであった。日本に帰ると、ラズベリーなんて、食べられないので、今のうちに、子かえる達に思い出を、と言う気持ちがある。それに、ちびちびかえるは大のラズベリー好き。このRussell Orchards、Ipswichにあって、うちから車で一時間ぐらい。去年、初めて行ったとき、ブラックベリーがオープンしてすぐに行ったんだけど、お店の人に聞いたら、ブルーベリー畑に連れてかれた。結局、入り口の看板を見て、どこのブラックベリー畑があるか、確認して、なんとかブラックベリー畑を探し当てた。畑について、収穫したブラックベリーを入れる容器がない。パパがえるが、リンゴ畑を横切って、ブルーベリー畑にあった、容器を取ってきてくれた。途中で、野生のウサギに出会ったらしい。パパがえる曰く、やる気があるのかないのか分からないところがいいらしい。摘んでいるそばから監視員にじろじろ見られるのも、気分がよくないもんね。ここでは、好きなようにさせてくれるのがいい。
日曜日の朝から、雨が降り出して、どうしようか・・・。雨が降っていたらいけないから、とパパがえるは仕事へ。ただ、一時間もうすると雨は上がって、次第に空が明るくなってきた。これは行けるぞ!と思って、パパがえるに連絡。11時頃帰ってくる、と言っていたが、天気がよくなりそうだったので、慌てて帰ってきてくれたようだ。車の中で、おなか空いた、と言い出しそうな子かえる達に、ラズベリーをたくさん食べれるからね、と言い聞かせて、Russell Orchardsに到着。今週からは、ラズベリーとブルーベリーがオープン。ラズベリー畑を看板で確認すると、一番奥。ブルーベリー畑に先ず寄ってから、ラズベリー畑に。ブルーベリーは、まだ熟していないものも多く、子かえる達も、あまり好きじゃないので、ちょっと摘んで退散。次に目指すは、ラズベリー。ちびかえるは、理解できるのだろう、次に何があるかを。甘えず、一人で歩いてくれる。その点、まだまだちびちびかえるは、赤ちゃんだ。おなかが空いて、眠たいのもあるのかもしれないけど、抱っこ〜。勘弁してよ。去年来たときは、農場をほとんど見なかったけど、今回は、農場の一番奥まで行くので、いろいろな果物を見ることができた。チェリー、リンゴ、桃、西洋なし、梨。蝶やトンボも。取れないのは分かっていても、何となく、わくわくしてくる。
ラズベリーがなっているのを見るのは初めてで、どうやって取るのか、どれが食べれるのか分からないけど、とりあえず、取ってみる。ラズベリーを買うと、真ん中が空洞になっているんだけど、一体どうしてなんだろう?と思っていた。実際、自分で収穫すると、なるほど、と思う。ヘタの下が白い円錐になっていて、ラズベリーを取ると、その白い円錐の部分が、抜けて空洞になっていたのだ。とにかく、赤くてきれいなのを、選んで取っていく。ちびかえるは興奮しているのか、自分では取ろうとしない。まるで、早く取ってよ!と待っているみたい。きれいで、おいしそうなのは、割と葉の後ろに隠れていることが多い。パイントの容器に半分ぐらいラズベリーを摘んで、ちびかえるに渡したら、ぺろっと全部食べてしまった。一方、ちびちびかえるの方は一生懸命ラズベリーを摘んでいる。ただ、上手に摘めないので、まだ白いのとか、虫がいっぱい付いているのが多い・・・そういえば、去年、ブラックベリー摘みに来たときは、ちびちびかえるは小さくて、ストローラーに縛り付けだったもんね。パパがえるも、子かえる達を見ながら、せっせと摘んでいる。収穫って、楽しいよね。ただ・・・・予想はしていたんだけど、それに対して、対策も取ったんだけど・・・蚊が!!!雨上がりと言うこともあって、うじゃうじゃ。かえる家一家は蚊のいい餌食になってきました。それも、服の上からさすのよ。ママがえるは、靴下の上から,足首をむちゃくちゃさされました。両足で20カ所ぐらい?ちびかえるも、背中に5カ所。ちゃんと、虫除けスプレーかけたんだけどなあ。それに、日本の蚊とは、種が違うのか、刺された後が違う気がする。刺されて、しばらくすると、痛くなくなるんだ。なんだ、蚊に刺されても痛くないじゃん、と思っていたら・・・数時間後、猛烈に痛くなってくる。それに、痒いし、大きく腫れる。かつ、刺され口が大きい。ムヒとキンカンがあるんだけど、アメリカの蚊による虫さされには、あまり効かないのかなあ。この数日、かえる家みんな、虫さされに苦しんでいます。子かえる達が、随分蚊に刺されて、ちょっと、しまった!と思ったこと。それは、西ナイル熱ウイルス。数年前、マサチューセッツ州でも、西ナイル熱ウイルスが発見されています。何人か、亡くなってもいます。子かえる達も、だいぶ大きくなったと言っても、やはり、まだまだ子供。発症は、どのくらい経ってからかしら?ちょっと、調べておかなければ・・・数週間後には、同じところにブラックベリー狩りにも行く予定。蚊対策、何か考えなければ。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-24 21:43 | 子かえる達
<< スカイプ 苦手な実験:Western Blot >>