<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

親ばかでごめんなさい。

またまた、一ヶ月ぐらい前の話ですが、ちびかえるのことで、ちょっと嬉しかったので、自慢させてください。
子かえる達は、一日の起きている時間の半分以上を、英語で生活している。一応、日本人である子かえる達に、是非とも日本語の習得を・・・と思っても、子かえる達が、どのくらい語学に対して能力があるのかわからないし、英語と平行してどうやって日本語を教えていくかって、悩みの種だ。
ちびかえるは、形の認識能力が高い。道を走っていく車を見て、どのメーカーのどのモデルかわかってしまうんだから。だからって訳でもないが、ちびかえるが、Pre-schoolに上がってから、ある月のテーマがアルファベットで、アルファベットを覚えてしまった。やっぱり、アルファベットが先かぁ・・・それから、ぼちぼち、ひらがなを興味を持つように、ひらがなの表を貼ったり、「あいうえお、かきくけこ」と、喘息予防の薬を吸入する時に言ってみたり、アンパンマンのあいうえおのDVDを見せたり、といろいろしていったら、ひらがなのそれぞれの文字を認識できるようになってくれた。
で、次はカタカナ?でも、カタカナは、難しいしなぁ。アルファベットにひらがなも出来るようになったし、そんなに無理しなくてもいいか、と思っていたんです。そんなある晩、寝る前に、こどもチャレンジの昔の本を読んでいたら、他のページに載っていた海の生き物のカタカナで書かれた名前を読み始めたんです!えーーーー!いつカタカナ覚えたの???ママがえる、度肝を抜かれましたよ。そして、すごーーーく嬉しかった。自分の興味のあることを進んでやってしまう、その姿に。ほんとに、カタカナは、ノーマークで、全然教えていなかったのよね。きっと、車の雑誌の本で覚えたのでは。車の名前って、みんなカタカナで書かれているでしょ。
最近は、夜寝る前の本の時間に、自分で本を読もうとする。文字を認識するのが楽しいんだろうなあ。その姿は、ママがえるにいろいろ問題提起をしてくれるんだけど。詳しくは、また今度。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-28 04:29 | 子かえる達

ちびかえるの発達リポート

木曜日の午後、ちびちびかえるが、下痢になった模様。金曜日、午前中にママがえるは仕事に行って、午後からちびちびかえるの子守り。一緒にお昼寝したので、夜も目が堅い・・・
前回、ちびちびかえるの言語発達について書いたので、今回は、一ヶ月ぐらい前の話なのだが、ちびかえるの保育園からもらった発達リポートについて。
子かえるたちが通う保育園では、半年ごとに発達リポートをくれる。12月で、ちびかえるがPre-school一年経ったので、2回目の発達リポートをもらった。まあ、特に問題なしなんだけど、バイリンガルで、コミュニケーションが本当に取れているのか心配で、先生との面談を申し出た。根堀、葉堀聞いてみると、いろいろ出てくるのよね。まず、ちびかえる、やっと並行遊びが終わったらしい。ままがえる、「えっ!!!」というのが心情。言葉の問題もあるとは思うが、最近、自分から他の子供たちに、こんな遊びをしよう、と提案できるようになったそうだ。確かに、以前、保育園に行っても、クラスメイトとかみ合っていないような気がしたのは、まだまだ、ちびかえるが平行遊び状態だったからか。それに、誰と遊んだの、と聞いても、ほとんど友達の名前が出てこなかったわけだ。この辺、言葉のコミュニケーションが下手だったから、というのもあると思う。ちびかえるは結構神経質で、自分の言ったことがわかってもらえないと、すねる。ただ、ちびかえるの英語の発音は良くない。もちろん、親がえるに比べたら上手だけど、子供たちの間では、わかってもらえなかったんじゃないかな、と推測する。ちびかえるより、大きい子達は相手にしてくれないけど、去年の9月からちびかえるよりも年下の子達が入ってきて、会話に入れるようになったんじゃないだろうか。確かに、最近のちびかえるの英語も上手になってきたような気がする。それでも、やっぱり、自分の思うことが表現できないんだろう。たまに、泣いて理由を聞いても答えなくて、「言わないとわからないのよ」と指導していると言われた。性格なのか、言葉が問題なのか、はたまた、単に甘えているだけなのか。
もう一つ、先生との面談で面白かったのは、「power game」。この頃の子供から始まるのだろう、親と子供のどちらがボスか。子供は親を自分の思うように動かしたいんです。以前のエントリーでもちょっと触れたが、ママがえるが、「もう、仕事を行くからバイバイね」といっても、ちびかえるはまだ行って欲しくない。ごねるわけです。それをかわいそうだから、とママがえるは残ってしまいがちなのですが、そうするとちびかえるの思う壺。「こうしたら、ママがえるは、僕の要求をのんでくれる。」と思うわけです。以前、学校の先生をしていた友達がいっていた、子供との知恵の化かし合い。子供を持って、その言葉がよくわかる。子かえるたちは、したたかです、大人が考えている以上に。でも、これって、躾よね、親に従うと言う。親がえるが模範を示す。そして、子かえるたちに従わせる。いくら、親がえるが模範を示しても、子がえるたちがそれに従わなかったら、身につかないし、伝わっていない。つまり、躾されていない子かえるたちになってしまう。子供は怒られることによって、善悪を身に着けていくらしい。親がえるの基準で、子かえるたちには申し訳ないけれど、それを見せていかないと、子かえるたちはわからないのだ。今、景山先生の本を読んでいるのだが、その中で景山先生は、「子供が嫌なことをさせないことが、子供の自主性を伸ばす」という考えは違う、といっていたと思う。ママがえるも、景山先生の意見に賛成。子供の嫌なことでも、親は、子供にさせなきゃいけないんだと思う。それが、我慢の基本じゃないだろうか。ママがえるが教会学校の先生をしていたとき聞いた話。あるお母さんは、何かする時、必ず、子供にしたいかどうか聞いている。それで、嫌だと言ったら、させないそうだ。でも、これって、ほんとに言いのかしらねえ、と当時の校長先生がおっしゃった。そのとき意味がわからなかったが、ママがえるが子供を持つようになって、やっとその真意がわかったような気がした。子かえるたちが自分から進んでやることは、伸ばしていったらいいと思うけど、最低限身につけて欲しいことは、子かえるたちをおだてるとか、脅かすとか、いろいろな手を使ってでも、親に従わせて、子かえるたちにさせるべきだなあ、と先生と「power game」の話をしながら思ってしまった。うちは、子かえる二匹もいるから、この「power game」に親がえるが勝てないと、子かえるたちに振り回されることになってしまうんだろうなあ。
最後に、先生にちびちびかえるのアートの参加度について聞いてみたら、低いそうだ・・・あちゃ。家では、あまりお絵かきさせていなし、親が見本を見せないと、やらないよなあ・・・親がえる、趣味なんかあったけ?親がえるの好みって、子かえるたちに伝承されるよなあ・・・仕事ばっかの人生も味気ないから、家族で楽しめる何かを見つけたいなあ。ママがえるがやりたいこと、たくさんあるんだけどね。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-25 15:59 | 子かえる達

ちびちびかえるの言語発達

ちびちびかえるの18ヶ月検診の時、言葉が遅い、と言うことでスピーチの専門家に診てもらった。そのときは、発達遅延とのボーダーラインぎりぎりだった。一ヶ月程前に、2回目の検診に行ってきた。検診に行く前に、保育園の先生に、ちびちびかえるの言葉について聞いたら、「二語単語を話しているわよ。」とのこと。ママがえる、気が付かなかったぞ、英語では。日本語の二語単語が出来るようになってきたなあ、と思っていたんだけど。まあ、この調子なら、きっと問題ないだろう、と臨んだ検診の結果は、発達に異常なし。検診で、先生は、ちびちびかえるの話している言葉が「英語」として認識できるんだよね。ママがえる、よくわかりません。勿論、日本語ならわかる!と言いたい所だが・・・最近の、ちびちびかえるが話す言葉がわからない。英語なのか、日本語なのかも定かでない。思い返せば、お兄ちゃんちびかえるの頃も、何を言っているのかよくわからなくて、「あ、そうなの。」とか「そうね。」と言ってお茶を濁していたような。子かえる達にしてみれば、一生懸命、何か言いたいんだろうなあ。一緒にいる時間が長ければ、もっと、わかってあげられるかも、と思うと、子供の発達を見逃しているようで残念だ。それに、子かえる達は、バイリンガルなので、両方の発音を習得しているから、大変なんだろうなあ。だから、このころは、余計に発音がむちゃくちゃなような気がする。未だに、ちびかえるの日本語の発音も、「苦労しているんだね」というような言い方だもの。先日、遊びに来てくれた、ごまさんの息子さん達の日本語を聞いたら、なんて流れるような日本語なんだろう・・・とうっとりしてしまった。子かえる達よ、これが君たちの運命なんだ、がんばって両方こなしてくれ!
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-23 05:45 | 子かえる達

前ボスとの仕事

忙しい、と言いつつも、ネタがいろいろあるから、ついつい書いてしまう。他にも、子かえる達の成長のことも書きたいんだけど、また今度。

ママがえるは、パパがえると一緒にボストンに来たとき、別のボスの下で働いていた。ママがえる、業績がほとんどないので、とにかく雇ってくれる所ならどこでもいいや!と軽い気持ちで仕事を決めた。やっぱり、これはだめね。前ボスと仕事を始めて、このまま、このボスと働いていたら、自分の研究生命はだめになってしまう!と察知して、またその当時、渡米3年で日本に帰る!とパパがえるは公言していたのもあって、逆算しても、早くラボを変わらないと、新しいラボでの仕事も中途半端になってしまう。それで、一年半程でバイバイしてしまった。この一年半の間でも、ちゃんと仕事はした。データーは出していた。でも、元ボスが論文を出すペースがとてーーーも遅い。もうかれこれ、2年前ぐらいから投稿可能、と言われつつ、延ばし延ばし。いろいろと複雑な事情もあった。ママがえる自身、それに関わるのが嫌で、データーを出すだけ出して、トンずらしたようなものだから、あまり強くは言えないが、いつになったら、あの論文は、投稿するんだろう???あまり当てにはしていないけど、でも、ちょっとは期待してしまう。一時期、私のファーストは危ぶまれたが、(生データーを出したのは私だけど、解析を放棄してしまったからねえ。ただ、この生データーがなければ、論文は出来なかった訳だし)この度、やっととある論文にサブミットされた。まだサブミットなので、この先、リバイスなどどうなるかわからないけど・・・ただね、論文って、旬があるでしょ。もう、とっくに旬の過ぎた論文なんて・・・と思ってしまう。ほんとに、通るんだろうか??関係ないとは思いつつ、やっぱり心配。
更にひどいのは、前々ボスとの仕事。ちょっと愚痴モードで書かせてもらうが、ママがえるも、パパがえるについて渡米してしまって、途中放棄かもしれないけど、けどね、一度は投稿したけど、結局、そのままボツ。もう、あの論文の旬を過ぎてしまって、もうきっとこの世には出ないと思う。前々ボスがもっといい所を、と狙ったのはいいけれど、この世に出ないんだったら、何も成果はなくなってしまう。私のあの労力は、何だったんだ!!!ママがえるがボストンに来る前にしていた仕事は、成果がないんです。元々ボスと仕事をしたという証明がないのが、すごく悲しい。元々ボスの、バカ野郎!!!!・・・・ちょっと、すっきりしました。
ポスドク問題、いろいろ言われていますが、やっぱりポスドク一人の問題でもないと思うんだよね。ボスにも責任あるもの。そのボスが責任を全うせず、その責任の所在を問われないのも、問題の一つだと思うんですけど。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-22 00:39 | 仕事・研究

子かえる達、強し

木曜日の午後、ちびちびかえるのクラスの先生から連絡。ちびちびかえるが吐いたのですぐに迎えに来るように!!!ぎょえーーーー!!!!保育園のinfantのクラスでは、おなかの風邪、ロタウイルスが猛威をふるって3週間。ちびちびかえるのtoddlerでも先生達が随分やられました。なので、ちびちびかえるの嘔吐に対して、先生達はぴりぴり。先日のブログで、子かえる達は優秀だって書いたのに・・・ママがえるもちょっとショックでした。ロタウイルスに感染した場合、まず最初に嘔吐、そして白っぽい下痢が続くようです。
とにかく迎えに行かなきゃ、と保育園に行ったら、ちびちびかえるはぐったり。ママがえるも、おばかで、保育園からママがえるのオフィスまでに、ミルクをあげてしまった。それが元で、オフィスにたどり着く前に、もう一度嘔吐。それで、こんなに吐いていたら、のどが渇くでしょう、と、またまた、ママがえるバカをやってしまって、今度はお水をあげてしまいました。ちびちびかえる、勢いよく、ごくごくーーーとお水を飲んで、しばらくして、また嘔吐。(さすがに、ママがえるのオフィスにはピディアライト(子供用ポカリスウェットのようなもの)は常備していないんで)早々に、帰り仕度をして、ちびかえるを迎えに。今度は、ちびかえるのクラスで嘔吐。最後は帰りの車で嘔吐。よく吐いてくれました・・・家に着いたら、脱水症状を起こさないようにちょっとずづピディアライトをあげて、吐かないように。夜には、熱も出て・・・この次は、下痢かしら・・・
次の日、熱も下がったちびちびかえるは元気元気。一方、ママがえるもパパがえるも、下痢はいつ来るんだろう???と待機。さすがに、嘔吐して、その後あまり食べていないから、なかなか出てこない。それに、下痢に備えて、ちびちびかえるには、なるべくバナナを食べさせたので、余計に便秘気味?月曜日には、ごまさん達と遊ぶことになっている。出来れば、キャンセルしたくないし・・・ママがえる、はらはらどきどきでした。
やっと、日曜日、出てきました、ちびちびかえるから。それも、堅いの。下痢じゃなかった!!!だったら、ロタウイルスじゃなかったってことね!と言うことで、やっぱり、ちびちびかえる、強かった。ママがえるすっごく安心。もし、ロタウイルスだったら、一家全滅もあり得たもんね。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-19 07:11 | 子かえる達

日本人学校デビュー?

土曜日、ちびかえるの幼稚部年中の面接のため、初めて日本人学校なるものに足を踏み入れた、かえる家。その日本人の多さに、びっくりしました。それから、年中のクラスの公開授業に行って、またまたびっくり。クラスの半分以上の子供の名字がカタカナじゃない!(先生のほとんども、カタカナ名字なんだけど)国際結婚されて、少しでも子供に日本語を話せるようになって欲しい、と言う親の強い願いなんでしょう。国際結婚された方のお子さん達の中でも、日本語を上手に話す子もいれば、全然話せない子もいるみたいで、先生も、大変だろうなあ・・・と思ってしまいました。ちびかえるの面接の待ち時間に、事務局の方とお話ししたのですが、全校生徒が幼稚部から高校部まで合わせて660人もいるそうです。ボストンの補習校は、日本の文部省から認定を受けている補習校で、小学校に上がれば、義務教育なので文句なし、誰でも入れます。ただ、幼稚部はどうしても、先生の数とみれる子供の数に限りがあるので、年少さんは、一クラス14人が3クラス、年中、年長さんは一クラス18人の3クラスだそうです。なので、年少さんから年中さんは12人は、確実に入れます。ちょっと前までは、これほど永住組の方が多くなかったので、ウェイティングリストにのっても、年内に入園が可能だったらしい。今では、学期の終わりに一人抜けるかどうかだそうです。確かに、ママがえるの知っている研究留学で来た人は、お子さんをあまり幼稚部に入れていないよなあ(小学部は別だけど)。ちなみに、ちびかえるのウェイティングリストの順番は、一番最後。つまり、ちびかえるが年中さんになれる可能性は、非常に低い。あらら・・・
それから、この日本人学校の図書室が、すごかった。この日本人学校は、Medfordの高校を借りているのだが、この図書室は、この高校より一室まるまる借りているそうだ。子供の本も随分充実していて、ちびかえるの面接の待ち時間に、子かえる達は、図書館で、本を読んで遊んでいた。アンパンマンのシリーズもあって、子かえる達は、大喜び。ちびかえるが幼稚部に通うようになったら、ここで本をたくさん借りれるのに・・・一年延びるのが、ちょっと残念。きっと、年長さんの時には、入れると思うんだけど・・・
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-18 06:45 | 子かえる達

お詫び

最近、更新も滞り、コメントのお返しも遅れています。ごめんなさい。
新しいプロジェクトが起動に乗り出し、自分なりの目標も立ち、時間の使い方の本を読んでは、自分が何をするために時間を一番割かなければいけないか、考えさせられました。すると、ブログにかける時間が、一番優先順位が低くなってしまいます。ただ、ブログを始めたことで、自分の考えがはっきりしてきたし、いろいろな人とも出会えたし、それに、子供の成長記録を残し、海の向こうの親族や友達に伝えることもでき、ママがえるなりにとても満足しています。いろいろ、エントリーしたいネタはあるのですが、今年の早いうちに、論文を一報出したいという、一つの目標のために、ちょっと、のんびりペースになると思います。若かったら、睡眠時間を削ってでも!と思えたのかもしれませんが・・・しっかり寝ることによって、日中の仕事の効率が良くなると思うので、ただでさえも、仕事・子育てと忙殺さる中、密度の高い仕事を心がけよう、と子育てをしながら思うようになりました。
かえるのように、ぴょ-んと飛躍してみたいもんですが、ぼちぼち、マイペースで。今度とも、よろしくお願いします。

それから、トラックバックはリンクがないと受け付けないことにしました。こちらの方も、よろしくご了承ください。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-17 04:02 | ひとりごと

ママがえるの強い一言の方が薬より良く利く?

日曜日、寒い中ちびかえるを外で遊ばせたせいか、ちびかえる、ぜーぜー言っています。保育園のディレクターが替わってから、吸入は、一日一回しかしてくれない。2回目が必要な時は、その後早退。冬のときのぜーぜーは、喘息の発作というよりも、風邪によって粘膜が肥大するためのような気がする。だから、ママがえるは、実はそんなに心配していない。けど、保育園の先生は、いつ、いかなるときでも、すごーーーく、必要以上に心配してくれる。それに乗じてか、小賢しくなったちびかえる、ちょっと苦しくなると、わざと大袈裟にリアクションしているときがあるような。ぜーぜー苦しい振りをすると、ママがえるが早めに迎えにきて、ママがえるのオフィスに遊びにいける、と知っている。それで、火曜日は、朝、早々に吸引してもらい、夕方早めにお迎え。水曜日の朝も、保育園に着くやいなや、ぜーぜー苦しむ。ちびかえるが吸引しているのを見ると、吸引マスクの下で、本のストーリーを言っているようで、「君、まじめにお薬を吸っているの??」という態度。朝一番に吸引したら、きっと午後もあるに違いない。そんなに仕事を休めないぞ!ママがえる、ちょっとプッツン来てしまいました。「これが、今日の最後のお薬だからね!今日、この後苦しくなっても、もうお薬ないわよ!しっかり吸いなさい!」と脅かしてしまいました。そしたら、もう、吸入はいらなかったようです。全然連絡ありませんでした。ママがえるの一言の方が、効くのね。子かえるとの、化かし合いのような気がして、気が重いのは事実だが・・・だが、これを制せねば、子かえるたちに親がえるが振り回されるので、折れてはいけない・・・
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-15 03:08 | 子かえる達

バレンタインズデーだったのね。

朝、子変えるたちを保育園に送った時、クラスメイトの父兄が、バレンタインズデーカードを配っていて、今日がバレンタインズデーだと知った。アメリカ在住のお子さんをお持ちの方のブログでは、バレンタインズデーカードの作成のことが書かれてあって、大変だなあ・・・と思っていたら、もう、その日だったのね!ちびかえるは、キャンディーを友達からもらって、大喜び。うちは、いつから始めるかなあ・・・キンダーに上がるまでいいかしら・・・

前日のエントリーで、オリンピックと雪のことを書いたが、それにまつわるちびかえるのエピソード。今月、ちびかえるのクラスでは、オリンピックのことをテーマにしている。でも、ちびかえる、ウインタースポーツなんて何も知らないはず。スケートやスキーはしたことないし、見たこともない。それに、家でも、オリンピックなんて、見やしない。それでも、今月の終りには、オリンピックのコンセプトを理解しているんだろうか??ボストンはスケートが盛んなわけだが、スケートしたい、なんて言い出したら、どうしよう・・・まあ、そのときに考えよう。
日曜日に降った雪で、ちびかえるたちは保育園でも雪で遊んでいるらしい。ちびかえるを迎えに行ったら、先生から、「ちびかえるがブーツを雪の中でなくしたのよ!」と教えてくれた。「えーーーーー???!!!それで、ブーツはどこにあるんだ?」先生によると、今は笑えるけどと前置きして、外で遊んでいる時間、ちびかえるが片足裸足で立って泣いていたそうだ。どうも雪に足を取られて、ブーツが脱げたらしい。(なんで脱げる??)先生は慌てて、していたスカーフを足に巻いてくれて、クラスメイトたちが、ちびかえるの雪に埋もれたブーツを掘り出してくれたらしい。先生にしてみると、とにかく珍事だったらしい。ちびかえる、たまにお茶目なことをしてくれます。人が、そんなことないよね、と思うようなことを・・・
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-14 02:49 | ひとりごと

冬季オリンピック、始まったんだ。

ペン太さんのブログを読んで、冬季オリンピックが始まったのを知った。外国で見るオリンピックは、ほんとに味気ない。これで、アメリカでオリンピックを見るのも3回目、いや、4回目だ。1992年、2002年、そして、今年2006年の冬季オリンピック、そして、2004年の夏のオリンピック。今年は、更に悲惨だ。だって、室内アンテナだけではテレビがほとんど映らない。今日は、どんな競技か、誰がメダルを取ったとかは、すべてインターネットのニュースから。Windchill さんの【オヤヂ弁当】便利なところ、不便なところ。でも、外国で見るオリンピックがどんなに寂しいか、訴えている。オリンピック見なくても、生きていけるんだけど、でもね、4年に一回の祭典だしさ、この瞬間しか見れない、と思うと、ちょっと悔しい。(そりゃ、ビデも見れるけど、味気ないじゃん。)

ところで、昨日は、とうとう久々に、冬将軍がいらっしゃった。予報では、土曜日の午後から16インチの雪が積もるらしかったが、降り出したのは、夜遅くから。風が強いのと、パウダースノーのため、積もる所は、すごく積もっていたけど、風が吹いて全然積もらない所もあった。午後小一時間雪がやんだが、それ以外降り続けた。その小一時間の間に、ちびかえる、外のパティオに遊びに出たが、寒すぎて、雪だまりのところで遊ぶことなく、帰ってきてしまった。同じアパートの大きい子供達は、雪で穴と作って遊んでいた。楽しそうなのに・・・ちびかえるは寒さに弱いらしい。ママがえるも早く暖かい所に移住したいです・・・・(いつになるんだろう???)
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-02-13 07:17 | ひとりごと