<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

7月最後

気が付けば、もう7月31日!!!時間が過ぎるのが早い。
きょうは、MINADOに食事に行こうか、と考えていた。パパがえるは、MINADOが大好きです。ブッフェなので、値段を気にせず好きなだけ、お寿司を食べられるし、子かえる達の食べられるものも多い。かえる家は、ランチとかは外で食べることはあるけれど、夕食に外に行くことはそんなにない。夏休みを取らずに、がんばって仕事をしているし、この前の学会で、パパがえるのポスターが賞を取ったし、と行く気になった、パパがえる。更に、パパがえるの誕生日に、とパパがえるの友達が、MINADOのギフトカードをくれていたのだ。
で、朝、そのギフトカードを探したら・・・見つからない!!!どこにやった??可能な場所は、探したけれど、やっぱり見つからない。朝の出かける前の忙しいとき、パパがえる、ママがえる、二人で探したけれど、やはり見つからない。パパがえる、気分が萎えて、MINADOへ行く元気が失せる。おまけに、ボストンはここ数日、暑いし。とうとう、パパがえるが、「レモングラスのテイクアウトにしようか。」ママがえる、晩ご飯を作らなくていいのであれば、何でもいいんですけど。MINADOまでの往復の時間を家でゆっくり過ごせて、よかったかもしれない。
それにしても、あのギフトカード、どこにいたんだろう???足でも付いて逃げてしまったか???
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-31 00:19 | ひとりごと

スカイプ

友達から、スカイプ、いいよ、と言われていた。いやあ、でも、かえる家のネット環境は最悪だし(ダイアルアップなもんで)日本にあまり電話することもないし。でも、面白そうだなあ・・・と思っていた。彼女は、他にYahooとかマイクロソフトとか試したそうだが、スカイプの音質がいいのを推している。彼女が、もうすぐ日本に帰国してしまうので、その前に、いろいろ聞いて、スカイプのアカウントを取ることに決めた、ママがえる。今年中は、アメリカ国内のスカイプアウトは無料だとか。それに、日本への電話も安い。さあて、アカウントを取るぞ!とスカイプのソフトをダウンロードしたけど、ダウンロードしたソフトを開けることができない。なんでよ!!!
それで、推奨MacOSを調べてみたら、panther 10.3 以上だそうだ。ママがえるのMacのOSは10.2.8。だめじゃん・・・・確かに、ママがえるの職場のMacからは、スカイプができないのは知っていた。だって、マイクの端子が付いていないんだもん。だけど、アカウントぐらい取っておきたいな、と思ってさ。それもかなわなかった・・・ちなみに、かえる家のコンピューターはPCで、こちらは、Windows ME。それで、スカイプのPC推奨OSは、Windows 2000かXP。うちでも無理なので。とってもくやしい・・・それなら、コンピューターをアップグレイドするぞ!と言う気がすぐに起こらないのが、ママがえる。勿論、パパがえるも。もっと、強い必要を感じたら、やるんだと思う。
結局、お友達の好意により、一応、ママがえるスカイプのアカウントを取ったんだけど、始められるのはいつになることやら。その前に、スターターキットは買っておかなくっちゃね。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-26 22:56 | 暮らし

ラズベリーと虫さされ

気が付いたら、7月も最後の週。いろいろ7月もあったんだけど・・・過去にさかのぼって、日記を埋めていこうと思います。

この週末は、あいにくの天気。一日中、雨が降っていた訳じゃないけど、この数週間の週末は、いい天気だったので、ちょっとがっくり。夏はあっという間に終わってしまうから、行事をこなさなくては、と焦ってしまう。この週末は、Russell Orchardsにラズベリー狩りに行こう、と話していた。季節ものだから、タイミングが大切。去年は、どうしようか・・・と思っているうちに、ラズベリーが終わってしまって、ブラックベリーに行ったのだ。なので、今年は、是非ともラズベリーに行かなくて!と意気込んでいた、親がえるであった。日本に帰ると、ラズベリーなんて、食べられないので、今のうちに、子かえる達に思い出を、と言う気持ちがある。それに、ちびちびかえるは大のラズベリー好き。このRussell Orchards、Ipswichにあって、うちから車で一時間ぐらい。去年、初めて行ったとき、ブラックベリーがオープンしてすぐに行ったんだけど、お店の人に聞いたら、ブルーベリー畑に連れてかれた。結局、入り口の看板を見て、どこのブラックベリー畑があるか、確認して、なんとかブラックベリー畑を探し当てた。畑について、収穫したブラックベリーを入れる容器がない。パパがえるが、リンゴ畑を横切って、ブルーベリー畑にあった、容器を取ってきてくれた。途中で、野生のウサギに出会ったらしい。パパがえる曰く、やる気があるのかないのか分からないところがいいらしい。摘んでいるそばから監視員にじろじろ見られるのも、気分がよくないもんね。ここでは、好きなようにさせてくれるのがいい。
日曜日の朝から、雨が降り出して、どうしようか・・・。雨が降っていたらいけないから、とパパがえるは仕事へ。ただ、一時間もうすると雨は上がって、次第に空が明るくなってきた。これは行けるぞ!と思って、パパがえるに連絡。11時頃帰ってくる、と言っていたが、天気がよくなりそうだったので、慌てて帰ってきてくれたようだ。車の中で、おなか空いた、と言い出しそうな子かえる達に、ラズベリーをたくさん食べれるからね、と言い聞かせて、Russell Orchardsに到着。今週からは、ラズベリーとブルーベリーがオープン。ラズベリー畑を看板で確認すると、一番奥。ブルーベリー畑に先ず寄ってから、ラズベリー畑に。ブルーベリーは、まだ熟していないものも多く、子かえる達も、あまり好きじゃないので、ちょっと摘んで退散。次に目指すは、ラズベリー。ちびかえるは、理解できるのだろう、次に何があるかを。甘えず、一人で歩いてくれる。その点、まだまだちびちびかえるは、赤ちゃんだ。おなかが空いて、眠たいのもあるのかもしれないけど、抱っこ〜。勘弁してよ。去年来たときは、農場をほとんど見なかったけど、今回は、農場の一番奥まで行くので、いろいろな果物を見ることができた。チェリー、リンゴ、桃、西洋なし、梨。蝶やトンボも。取れないのは分かっていても、何となく、わくわくしてくる。
ラズベリーがなっているのを見るのは初めてで、どうやって取るのか、どれが食べれるのか分からないけど、とりあえず、取ってみる。ラズベリーを買うと、真ん中が空洞になっているんだけど、一体どうしてなんだろう?と思っていた。実際、自分で収穫すると、なるほど、と思う。ヘタの下が白い円錐になっていて、ラズベリーを取ると、その白い円錐の部分が、抜けて空洞になっていたのだ。とにかく、赤くてきれいなのを、選んで取っていく。ちびかえるは興奮しているのか、自分では取ろうとしない。まるで、早く取ってよ!と待っているみたい。きれいで、おいしそうなのは、割と葉の後ろに隠れていることが多い。パイントの容器に半分ぐらいラズベリーを摘んで、ちびかえるに渡したら、ぺろっと全部食べてしまった。一方、ちびちびかえるの方は一生懸命ラズベリーを摘んでいる。ただ、上手に摘めないので、まだ白いのとか、虫がいっぱい付いているのが多い・・・そういえば、去年、ブラックベリー摘みに来たときは、ちびちびかえるは小さくて、ストローラーに縛り付けだったもんね。パパがえるも、子かえる達を見ながら、せっせと摘んでいる。収穫って、楽しいよね。ただ・・・・予想はしていたんだけど、それに対して、対策も取ったんだけど・・・蚊が!!!雨上がりと言うこともあって、うじゃうじゃ。かえる家一家は蚊のいい餌食になってきました。それも、服の上からさすのよ。ママがえるは、靴下の上から,足首をむちゃくちゃさされました。両足で20カ所ぐらい?ちびかえるも、背中に5カ所。ちゃんと、虫除けスプレーかけたんだけどなあ。それに、日本の蚊とは、種が違うのか、刺された後が違う気がする。刺されて、しばらくすると、痛くなくなるんだ。なんだ、蚊に刺されても痛くないじゃん、と思っていたら・・・数時間後、猛烈に痛くなってくる。それに、痒いし、大きく腫れる。かつ、刺され口が大きい。ムヒとキンカンがあるんだけど、アメリカの蚊による虫さされには、あまり効かないのかなあ。この数日、かえる家みんな、虫さされに苦しんでいます。子かえる達が、随分蚊に刺されて、ちょっと、しまった!と思ったこと。それは、西ナイル熱ウイルス。数年前、マサチューセッツ州でも、西ナイル熱ウイルスが発見されています。何人か、亡くなってもいます。子かえる達も、だいぶ大きくなったと言っても、やはり、まだまだ子供。発症は、どのくらい経ってからかしら?ちょっと、調べておかなければ・・・数週間後には、同じところにブラックベリー狩りにも行く予定。蚊対策、何か考えなければ。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-24 21:43 | 子かえる達

苦手な実験:Western Blot

先週は、苦手な実験、Western Blottingをしていて、凹んでいました。Western blotとは、蛋白質を検出する、基本の基のような生化学的な方法なんです。なんで、こんなに、苦手かねえ・・・と自分でも思うんですけど。ちなみに、パパがえるの方は、western blotのプロですよ。週の終わりには、何とか納得がいく結果が出たので、気を取り直したんですけど、Western Blottingをしなくては、と思うと、気は重たくなるし、疲れた一週間でした。
実験も下手、考えるのも下手、プリゼンも下手。これで、よく科学者です、なんて言っているなあ・・・と思うと、余計にめげるので、考えないことに・・・(といっても、実験を始める前の週末は、なかなか寝付けなくて、大変だったのだ。ママがえる、小心者なんで。)
新しい週が始まって、まだまだWestern Blotの試練は続くけど、早く終わらせてやるゥ!!!
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-17 04:49 | 仕事・研究

夏の習い事

夏の間、習い事は休むか、と思っていた。音楽教室の方は、夏の間土曜日のクラスはない。水泳教室も、Brooklineのプールは閉鎖なのでクラスはない。ごまさんから、YMCA Oak squareはいいわよ、と言われていた。7月からのプログラムが公表されていなかったので、夏の間は、ゆっくり週末を過ごすか、と思っていた。が、先日上の階に住むママと話をしたときに、YMAC Oak squareのクラスを取ったの、と聞いて、ママがえる、乗り気になってしまった。ごまさんから、子供だけの会員だと、年間84ドルだけで、クラスが安く取れる。それに、施設は使い放題。親の付き添いは、一人2ドルですむし、なかなかお得感がある。ただ、問題はお兄ちゃんちびかえるとちびちびかえるがいっぺんに取れるクラスがなかなかない。いろいろ考えたあげく、ちびちびかえるは水泳だけのクラス。お兄ちゃんちびかえるは、水泳とジムの合わさったクラス。これで、ゆっくりとした、夏の週末は、バタバタと忙しいものに変わってしまった。
Brooklineの水泳教室に参加させていて、実はちょっとがっかりしていたのだ。前回、ちびかえるがクラスを取ったときに、他のクラスの様子を見ていたけれど、正直、レベルが低い。あまりにも、お粗末。フォームのきれいな子が、一人もいない。まず、バタ足がなっていない。ビート板を持ってのバタ足でも、なかなか進めない子が多い。まして、ビート板なしでは、悲惨です。それから、蹴のびがなっていない。ぴしっと浮いていられない。体軸が、ぐらぐらする。だから、フォームがとても悪い。それで無理矢理泳ぐから、悪いフォームばかり身に付く。その点、Oak squareには、期待している。と言うのも、クラスの説明に、このクラスが終わるまでに、これこれができる、とちゃんと明記されている。なので、しっかり技術を習得しないと、次のレベルにあがれないはず。基本は大切ですから。しっかり身につけてから、上のクラスに上がって欲しい。ママがえるもスイミングに行っていた。転勤族だったので、2つのスイミングスクールに行ったことがある。最初のスクールは自己申告制で、進級テストを受けるのだ。自分が納得するまで、テストを受けなくていい。ここでしっかり基本を身につけられたと思う。転校先のスクールは、月に一回進級テストをしていて、とにかく泳げたら、次のクラスにあげられる。ママがえるは、あまり好きなスタイルではない。
まともあれ、子かえる達を水泳の選手にするつもりはないけど、水泳は、心肺機能を鍛えるのにはいい運動だし、陸上のいろいろなスポーツに比べて関節に負担がかかりにくいので、体ができていない子供にはいい運動だと思う。強い子になっておくれ。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-06 03:19 | 子かえる達

ホエールウォッチング

7月の1日にホエールウォッチングに行ってきた。ボストンにいる間に、子かえる達に、鯨を見せたかった。ボストンから、New England Aquariumからと、ボストンハーバークルーズからと二つがメインである。ケイプコッドやロックポートからもあるとは思うが、ボストン市内からだと、この二つが主流じゃないか。ママがえるは9年前の7月にNew England Aquariumからの船で鯨を見に行った。船酔いもせず、鯨もそれなりに見られて、いい経験だった。パパがえるは5年前の9月、同じくNew England Aquariumからの船で鯨を見に行ったのだが、船酔いがひどく、今回のホエールウォッチングも乗り気じゃなかった。チケットの購入は、天気の様子を見て、と言うことで、ぎりぎりの金曜日に購入した。天気も良さそうだし、仕事も忙しくないから、と言うことで、パパがえるも参加。午後5時30分出航のボストンハーバークルーズの船で。夕方の方が、サンセットか夜景が見られるかも、と言うことで、遅めの便にしたのだ。それに、ボストンハーバークルーズは高速艇を使うので、そんなに揺れないのではないか、と言う期待も。それに、ボストンハーバークルーズの方が、子供の身長制限がないので、ちびちびかえるのことを気にしなくてよい、と言うこともあった。New England Aquariumの方は、30インチ(およそ75センチ)以下はだめだそうだ。
一時間ちょっとで、鯨のいる海域に到達した。初めは、鯨が一匹、遠目でしか見れず、今日ははずれの日かしら、と思っていた。このまま帰るってことはないよねえ・・・と期待していたら、あらこちらに一匹、あちらにも一匹と、鯨が集まってきましたわ。初めは、どこにいるか分からないんだけど、潮を噴くので、あそこに鯨がいる!とわかる。また、この時期は、母親が子連れでいることが多いらしい。二匹が連れ添って泳いでいる。最終的には,子連れの親子が二組、全部で、6匹ぐらい、近くで群れていたようだ。更に、今夜は、エンターテイナーな鯨も多く、飛び跳ねる鯨もいて、びっくり!頭だけを出して、立ち泳ぎもしてくれるし、はたまた、大きな口を開けて、海鳥をフィーディング(餌付け?)する場面もあり。すばらしいショーを見せてくれました。ちびちびかえるは、鯨をさして、「イルカ」などと言っていました。いくら飛んでいたからって、大きさが違うでしょ。ちびかえるの方は、ちゃんと鯨を分かっていたようでしたが、寒くて目が開けられず、見ていたんだろうか??子かえる達を連れてなかなか見やすいポジションを維持するのが難しかったのが難点。でも、すばらしいショーだった。解説をしていたお姉さんたちも、興奮していました。こんなにたくさんの鯨をいっぺんに見れることは、そんなに多くないそうです。たまたま運がよかったのだとは思うけど、餌となる魚がたくさんいたので、あんなに見られたそうです。最終便だったこともあって、心ゆくまで鯨のショーを堪能して、ボストンに戻ってきたときは、サンセットはとうに終わって、きれいな夜景が待ってくれていました。かえる家、くたくたで家にたどり着きました。
d0041788_0284389.jpg
d0041788_0305778.jpg

d0041788_0312272.jpg
家に帰ったのが10時過ぎ。その後、子かえる達はご飯食べる!と申すので、食事の支度をしましたさ。ママがえる、ばてばて。子供って、元気ぃ。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-05 02:46 | 暮らし

明日は独立記念日

今年の独立記念日は火曜日。月曜日の今日は、普通の日、なんだけど、人口密度が異常に低い。みなさん、自主休講ならぬ自主祝日にしているようだ。道も空いているので、大変ありがたいんですけど、ママがえるのモチベーションもちょっと下がってますわ。でも、思い切って、休みにしても、家で子かえる達のアクティビティーをママがえる一人で見る勇気もないし。せっかく静かなので、集中力のいる仕事でもしますか。
明日の独立記念日は、何もすることないし。お店も閉まっているだろうから、家で何する?独立記念日はBBQの日って言うくらい、BBQがされるらしい。かえる家、BBQの予定もないし。パパがえる、人がいない分、しっかり仕事してきてくださいね。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-03 02:16 | ひとりごと

とうとう7月突入

もう早いもので、2006年も後半戦スタートですね。自分の仕事の計画以外にも、いろいろ計画したいこと、すべきことがあるんですけど、なかなか思い切った決断ができず、ジレンマ状態。そのほとんどの計画って、旅行関係の計画。8月の終わりから9月の初めに、ママがえるの家族が遊びに来てくれます。その時のいろいろな手配はまだ進行中。それから、10月にママがえるはアトランタに学会に行くのですが、これが悩みの種。かえる家みんなで行くか,ママがえるだけが行くか。アトランタまで飛行機で行くと、家族4人、旅費だってバカにならない。ワシントンDCにも寄りたいので、車で行こうか、とも考えるが、ボストンからアトランタまで道のりは長い・・・7月11日には、レジストレーションが始まるので、それまでになんとか結論を出さなければ、学会会場に近いホテルは取れないし。一方、パパがえるが、ワシントンDCの近くで開催されるミーティングに11月に行くことになりそうだ。それに便乗してかえる家みんなで行ったら、ワシントンDCに遊びに行ける!ただ、このミーティング会場のホテル、シングルベットの部屋しか用意していない。もともとミーティング用の会場なので、家族で泊まることは想定外らしい。こちらも、日程をどうするか。さっさとセッティングを終わらせて、仕事に専念!と言いたいところだ。
7月にの中旬、パパがえるはコロラドの学会に行く。ママがえるも行きたかったけど・・・だって、コロラドって、フォーコーナーズで足を一歩入れただけだったような・・・日頃の雑踏を忘れて、のんびりできそうじゃないですか。その後、カリフォルニアまで足を伸ばして、ママがえるのホストマザーに会いに行きたいと思っていた。かえる家が日本に帰国したら、もうきっと二度と会えないだろうから、その前に会っておきたい。でも、なかなか、西海岸までは遠い。いろいろ、チャンスは伺っているんだけどねえ。コロラド行きに便乗して、カリフォルニア・サンフランシスコ経由は夢に消えてしまいました。パパがえる不在の間、怪獣2匹の面倒(世話)を考えると、頭がくらくらしない訳でもない。
そうこう言っている間に、夏が終わってしまうんだろうなあ・・・自分のプロジェクトも、さっさと終わらせてしまおう。
[PR]
by kaerunokosodate | 2006-07-01 02:04 | ひとりごと