6月3日 卓袱(しっぽく)料理

長崎の郷土料理、卓袱料理を食べに行きました。
卓袱料理とは、Wikipediaさんより、
卓袱料理(しっぽくりょうり)とは長崎市の郷土料理。大皿に盛られた料理を、円卓を囲み味わうコース、宴会料理のこと。和食、洋食、中国料理の要素が互いに交じり合っていることから、和華蘭料理(わからんりょうり)とも評される(蘭は出島に商館を構えたオランダを指す)。現在では料亭や割烹料理店で味わうのが主流で、結婚披露宴で卓袱料理形式の献立が組まれたり、慶事などで卓袱料理の仕出し料理をとる家庭もあることから、敷居の高い料理である。しかし、江戸期の長崎においては、大皿で手間が省ける合理性もあり、「急ぎの客人向け料理」「家庭的なもてなし料理」という側面もあったとみられている。
現在の卓袱料理は、「お鰭(おひれ)」と呼ばれる吸い物でスタートする。各人に椀が配られ、料亭では女将(長崎弁でおかっつぁま)が、披露宴では司会者が「お鰭をどうぞ」と挨拶を行う。参加者全員が吸い物を空にした後、主催者(結婚披露宴では来賓が多い)の挨拶が行われ乾杯。その後、大皿に盛られた料理が次々と振舞われる。料理の内容は店や予算などで異なるが、広東料理の宴会と同様に、最初に汁椀が出されることが共通している。

ママがえるも、パパがえると結婚が決まるまで、卓袱料理なんて知りませんでした。独特なお料理が大皿で、たくさん出てきます。鯨の肉もでてきました。それから、ゴボウの料理も多かった気がします。いろいろあって、全部は覚えられません。(こんな時、写真を撮っておくべきですよね。)今回、長崎の爺婆かえる、お兄さんがえるとかえる家。大人5人、子供二人だったけど、子かえるたちの分はなしで、大人5人分の料理でも、十分子かえるたちの分もありました。ちびかえるが卵アレルギーで茶碗蒸しを全然食べたことのない子かえるたち。ちびちびかえるは食べるかな?と思ったけれど、好きじゃなかったようです。おいしいのに、茶碗蒸し。日本に帰ったときぐらいしか、食べられないんだから。早く、ちびかえるの卵アレルギーがなくなるといいなあ・・・本当に、おなかがいっぱいになりました。なかなか食べることができないので、連れて行ってもらえるかえる家(特に、ママがえる)は嬉しいです。長崎の爺婆かえる、ありがとうございます。
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-06-03 02:06 | 一時帰国

6月2日 長崎祈りの丘絵本美術館

以前、長崎の爺婆かえるが送ってくれた荷物の中に入っていた絵本の案内の冊子。それで、祈りの丘絵本美術館のことを知った。なので、パパがえるの実家が長崎なので、今度帰ったときには、訪れてみたい、と思っていた。午後から、婆かえる、お兄さんがえると一緒に、長崎のちんちん電車に揺られて、祈りの丘絵本美術館に行った。一階は本屋さんで、日本を始め、世界中のよい絵本が集められている。それらを見ていると、かえる家にも結構持っているんだなあ、と思った。何かほしいものがありますか、と聞かれると、絵本をお願いします、とお願いしていた。みなさんから、たくさんのいい本をいただいていたのだ、と実感しました。感謝です。ボストンの日本人学校で借りたことのある長新太さんのきゃべつくんの絵本に、ちびかえるがいたく気に入って、数冊購入。ママがえる、本を見ると、あれもこれも欲しくなってしまうのですが、あまりたくさん買ってしまうと、トロントに持っていくのが大変なので、泣く泣くセレクト。かなり悩んだのが、おさるのジョージ。ボストンの日本人学校で借りて、子かえるたちは大ファン。この本屋さんで、フルセットが置いてあったんだけど、お値段と荷物になるし、トロントの補習校でもあるかもしれない、と言うことで、断念。絵本って、子供にとって大切なものというのはわかっていても、いつかは子供が卒業してしまうし、と考えるとだんだん買うのを躊躇してしまうのよね。日本にいたら、日本語の絵本を図書館でたくさん借りられただろうに。かえる家の場合は、トロントの図書館で英語の本を借りることができるので、文句は言うまい。
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-06-02 01:50 | 一時帰国

6月1日 長崎へ移動

お昼過ぎの飛行機で、大阪伊丹空港から長崎へ。子かえるたちにはまだカーシートが必要なので、長崎の爺婆かえるの車で移動ができないので、バスで移動。長崎の爺婆かえるの家は山の上にある。眺めは抜群だけど・・・たどり着くまでがいい運動。長崎って、ほんと坂の町だなあ、と実感する。かえる家が到着すると、爺婆かえるは、待っていました、とばかりにごちそうを出してくれる。子かえるたちに、おいしいごちそうをたんと食べさせていただきました。特に、ちびかえるは肉よりも、海の幸が好きだから、長崎の爺婆かえるは喜んで、子かえるたちの好きなものをたくさん用意してくれていた。お昼も終わって、さっそく、近くのトイザらスへ。小雨がぱらぱらしながらだったけど、子かえるたちは、傘を持たせてもらって、大喜び。ちびかえるは、最近、レゴとかにも興味を持ちだして、親がえるも買ってあげたいおもちゃがそれなりにある。が、ちびちびかえるが欲しがるおもちゃって・・・こういっちゃあ、怒られるかもしれないけれど、がらくたっぽいものが多い。なんというか、その場限りのおもちゃ。親がえるとしては、そのようなおもちゃは荷物にもなるし、お金を出したくないなあ・・・と思って、ちびちびかえるにはおもちゃを買わなかった。まあ、ちびちびかえるの場合、無理しておもちゃを買わなくても大丈夫なので、助かる。
晩ご飯も、もちろんたくさんの海の幸。爺婆かえるが、かえる家のために、わざわざ市場に行って、新鮮なお魚を買ってくれていた。こんなにおいしいお魚を食べると、他じゃぁ、高いお金を出して食べる気が失せちゃうんですよね。お兄さんがえるも今日は早めに帰ってきてくれたようです。ちびかえるは、お兄さんかえるのことを覚えていて、さっそく遊んでもらいました。時差ぼけも直って、しっかり夜更かし気味に・・・
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-06-01 01:49 | 一時帰国

5月31日 パパがえる、阪大微研でセミナーと蛍

せっかく日本に帰るのだから、セミナーをさせてもらいなさい!とママがえるにどやされて、微研のO先生にお願いして実現となりました。あいにく、この日は、阪大から京大に移られた長田先生のセミナーがあり、パパがえるのセミナーはその前座。光栄なことですが。
セミナーをするのはパパがえるなので、ママがえるおよび子かえるたちは、関係ないのですが、ママがえるも蛋白研に遊びに行きたくて、付いていきました。教授が亡くなっているので、一時帰国しても、訪れるところがなくなって、寂しいです。それでも、ママがえるが学生だったときに、一緒に仕事をしていた技官のNさんは、まだ蛋白研にいらっしゃるので、子かえるたちを見せに、昼過ぎに蛋白研に到着。Nさんは、全然お変わりなく。私が学生だった頃、Nさんの高校生だったお嬢さんは結婚され、小学生だった息子さんは、大学生。ママがえるも、あっという間に二人も子供がいるんですから、時間は過ぎていきます。Nさんから、もし、教授が生きていたら、今年は退官の年、だそうです。もし、生きていたら、今年は、退官準備で忙しかったでしょう。先生の早すぎる死が悔やまれます。
ひとしきり、Nさんと、先輩のY先生とお話しした後、ママがえるたちは退散。ママがえる、子かえるたち二人を抱えて、家にご帰還。大変だった・・・家に着くと、万博公園のチラシが目に入り、今週いっぱい、蛍が見れる!「行きたい!子かえるたちに、蛍を見せてあげたい!」婆かえるはすぐに了承。後は渋る爺かえるをどう説得するか。意味の良くわかっていない子かえるたちに「爺かえる、蛍見に行きたい」と言わせて、あっさり了承。孫の力はすごいわ。パパがえるは、Y先生とK君と飲み会だそうで、別行動。
子かえるたちがいると、カーシートがないため、爺かえるの車が使えない。なので、面倒だけど、バスとモノレールと使って万博公園へ。だんだん日が落ちていく万博公園。そして、増えてくる人。ほんとに見れるかねえ、と半信半疑の爺かえる。はじめは、なかなか蛍が見られなかった。明るいからか、蛍がまだ活動していないからか。暗くなるに連れて、だんだん蛍が見えてくる。ちびかえるも、最初、良くわかっていなかったが、はっきり見えるようになってきたら、わかってきたようだ。「蛍」が、何かが。ちびちびかえるはどうだっただろう?何か、光るものが飛んでいる、ぐらいは理解できたんじゃないだろうか。蛍のために、電灯が少なく薄暗い。なおかつ、人は多いし。子かえるたちが迷子にならなくて、よかった。アメリカやカナダでも、蛍はいると思うけど、やっぱり、日本の夏の風情かな。子かえるたちがこんなことも感じてくれるようになると嬉しいのだけれど・・・
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-31 06:00 | 一時帰国

5月30日 白浜旅行 後半

天気予報では、雨でした。それも、かなり絶望的な。しかーーし、今回の旅行には、お姉さんがえるという、強―い晴れ女がいるんですね。ママがえる、お姉さんがえるがどのくらい強―い晴れ女か半信半疑だったんですが、この一日で、しっかり信じました。ほんとに、雨をもけち散らす晴れ女ですわ。
温泉宿なので、朝から一風呂浴びまして、朝食も終了。本来の予定では、この日一日野外活動だったが、雨の天気予報と昨日閉館だったエネルギー館に振り替えで行くことになった。それでも、エネルギー館の開館よりまだ時間がある。ということで、円月島、白浜海中展望塔、三段壁の名勝へ。雨が、パラ、パラと落ちてくるが、まあ、我慢できる。白浜は透明感があり海がきれいですね。先日の千畳敷と言い、円月島、三段壁でも海がきれいだと思いました。海中展望塔では魚が餌付けされていて、ずいぶん寄ってきていました。そうでもないと、たくさん魚は見れないんでしょうね。三段壁は、怖かったです。そそり立つ絶壁。日本での有数の自殺の名所でもあるそうです。また、そこに教会の看板があり、先日、ボストンの教会で祈りの課題に載っていた教会のもので、ここのことだったのか、と驚きました。この看板のおかげで、命が救われることもあるそうです。三段壁を後にして、平草原を経てエネルギー館へ。平草原は、白浜が一望できるとか。
エネルギー館は、「新ジュラシックツアー」をしているので、お姉さんがえるが選んでくれました。その他にも錯視錯覚を体験できるところもあり、それなりにおもしろかったです。雨が降ったのは、このエネルギー館にいる間だけ。エネルギー館をでた後は、青空でした。帰りの渋滞に巻き込まれる前に、家に戻りたかったので、早めに白浜を脱出。帰りに、「とれとれ市」に寄って、お昼と晩ご飯を調達。ちびかえるのために、小さめのするめをゲット。また、市場でモンゴイカと遭遇。日本語では「(甲)イカ」だけど、英語では、cuttlefish。Squidではないんですね。ちびかえるのおかげで勉強になりました。
行きも帰りも渋滞に巻き込まれず、スムーズに行きました。天気予報で雨だったけど、晴れ女のお姉さんがえるのおかげで、エネルギー館の中にいるときだけ、土砂降り。 ミニバンは、仕事で運転しているという、お姉さんがえるがずっと運転してくれました。楽しい旅行になりました。爺婆かえるにも、子かえるたちとのいい思い出になってくれたと思います。
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-30 05:59 | 一時帰国

5月29日 白浜旅行 前半

今回のかえる家の一時帰国では、古希のお祝いで、大阪の爺婆がえる、お姉さんがえる(ママがえるの妹だが、おばさんとは呼ばせるな、と言うことで)と一緒に船で別府まで行って、その後レンタカーで旅行しよう、と計画していた。爺かえるの体調とお姉さんがえるの仕事の予定を考えあわせて、白浜に変更。ママがえるもパパがえるも白浜は行ったことなかったし。子かえるたちに、爺婆かえると一緒に旅行に行かせたかったので、旅行が実現できて、嬉しかった。前日にミニバンを借りてきて、朝一番で出発。渋滞に巻き込まれる前に大阪市内を通過。高速もずいぶん延びて、休憩しても、予定より早く白浜に到着。お姉さんがえるが予定を組んでくれた。まず最初にエネルギー館。ところがこの日は休館日。おいおい。次の目的地のアドベンチャーワールドの開館時間までまだ時間があるので千畳敷へ。本当は、白浜を一周しようと思っていたのだが、ナビ任せで正確の地図がないため、うろうろ迷いながら、千畳敷へ到着。潮が引いていたのか、岩のくぼみの海水が残ったところに、小さな魚が取り残されていて、子かえるたちは興奮していました。幸い、子かえるたちは海に落ちることなく、次のアドベンチャーワールドへ。ちびちびかえるは、特に大興奮。だって、ぞうさんに会えますから。何だ、かんだといろいろ回っていると、時間はあっという間に過ぎてしまう。爺婆かえるは、子かえるたちのパワーに圧倒されているし。帰国して以来、外で思いっきり遊ぶことも少なかったので、このときばかりは、パワー炸裂!だったのでしょうか。午後2時半より、ぞうさんにバナナをあげるイベントがあった。ちびちびかえる、これに参加しないわけに行かない。なかなか、ぞうさんの側まで行くことなんてない。ましてや、さわるなんて。ぞうさんは、おとなしいアジアゾウだった。ちびちびかえるの将来の記憶に残るかわからないけど、心に残る思い出になっただろう、ぞうさんにバナナをあげて、鼻をなぜるなんて。最後に、かえる家だけで、もう一度バスに乗ってサファリツアー。ぞうさんにバイバイ言わないとね。
ところで、このアドベンチャーワールドには、この春、新たな双子ちゃんがうまれて、パンダが8匹もいるんです。赤ちゃんパンダは、かわいいですわ。それも双子だし。(他人の双子はかわいく見える。)
白浜のお宿は、クアハウス白浜。お値段手頃で、プールがあるから。ホテルについて、爺婆かえるとお姉さんがえるはばてていました。が、元気な子かえるたちを部屋に閉じこめておくことはできない。老体むち打って、親がえる、子かえるたちを連れて、バーデゾーンへ。このバーデゾーンとは、温泉とプールのゾーンで15種類の浴槽がある。パパがえるに子かえるたちを預けっぱなしで、ママがえるはいろいろな浴槽を楽しませていただきました。(プールの水は冷たくって・・・)食事の方は、海の幸、山の幸。旅行先で食べるものって、おいしく感じるのよね。食後、すぐにかえる家はすぐに寝てしまいました。明日もあるし。
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-29 04:59 | 一時帰国

5月28日 いろいろな雑用

予定では、今日免許の更新に行くはずだったが、昨日更新できたので、フリーになった。そこで、パパがえるは銀行を閉じに、ママがえる、婆かえる、子かえるたちは、曾婆がえるに会いに行った。曾婆がえるは、普段、爺婆かえると同居しているのですが、かえる家が一時帰国している間、家が手狭になってしまうため、ショートステイしているそうです。ママがえるも曾婆がえるに会いたいので、ショートステイ先に訪問しました。ママがえるたちが一時帰国したために、ショートステイすることになり、申し訳ないです。曾婆がえるは元気そうでした。元気な子かえるたちに、ちょっとびっくりしたようですが。まあ、男の子ですので、うるさいですわ。それに、子かえるたちに、いろいろな親族に会わせたかった、というママがえるの思いもあります。海外にいると、どうしても親族との繋がりが少なくなってしまいます。今回の、曾婆がえるの訪問がどれだけ、子かえるたちの将来に影響するかわかりませんが、彼らのルーツを今のうちから、少しでも刻んでおいてあげたい、思うわけです。
帰国して以来、子かえるたちは、晩ご飯前に撃沈続きなので、少しでも晩ご飯を食べさせよう、と早くから、待望のお寿司やさんへ。案の定、ばてばて気味の中、いくらとウナギは食べることができたようです。それに、ちびかえるはイカも。いつまで続く、時差ぼけ。
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-28 03:07 | 一時帰国

5月27日 免許の更新

今回の一時帰国の一番の目的は免許の更新。幸か不幸か、パパがえるとママがえるの誕生日は、一週間違い。ですので、免許の更新がいっぺんにできる。いちど、住民票を入れないと、免許の更新ができないのだろうか?と思っていたのだが、住民票を入れていなくても、できそうだ、と判明。それで、予定を変更して、教会の礼拝の後、阪急山田の駅で大阪の爺婆かえると待ち合わせ。子かえるたちをお願いして、親がえるは、その足で門真運転免許試験場へ。前回は、子かえるたちに、爺婆かえると総出で来たのだが、今回は、親がえるのみ。動きがスムーズです。早いぞ、早い。前回の更新は、期限切れの更新だったので、今回が初回更新。ママがえる、免許を取って19年になる?!のに・・・初回更新ですか・・・。初回更新は、2時間の講習。それでも、1時半からの講習を受けることができたので、予定より早めに帰れそうだ。休憩時間に爺かえるに子かえるたちの様子はどうかと思い、連絡。ボストンを去る前に、のんさんからお膳別でテレホンカードをいただいたのだが、携帯電話を持っていないので、これが大変重宝しました。この場を借りて、のんさん、ありがとうございました。のんさんの心配り、感謝しています。子かえるたちは、爺婆かえると一緒にちゃんとお昼ご飯も食べて、その後、トイザらスに連れて行ってもらい、おもちゃを買ってもらったそうです。爺婆かえる、ベビーシッター、ありがとうございました。
昼御飯を抜いて、運転免許試験場に駆けつけたおかげで、予定より早く終わった。このまま晩ご飯まで何も食べずにいるのは不可能だったので、帰りに天一のラーメン屋さんへ。半腕というメニューがあったので、これなら、小腹を足してくれるでしょう。子かえるたちがいると、ラーメン屋さんも入りにくいのよね。
その後、パパがえるは直接家へ。ママがえるは、長崎行きの飛行機の切符を取りに、空港のJALのカウンターへ。今回、マイルで貯めた優待券で、長崎行きの切符を買ったのだが、これが、なかなかのくせ者で、JALのカウンターじゃないと使えない。まあ、モノレールついでで、ママがえるは始発の門真から終点の空港まで。その後、ママがえるはたこ焼きTさんとデート。実は、彼女と、同い年だったりする。働く母は、大変だ。彼女たちは、つい先日、ボストンへ行ったらしく、おみやげ、重なったらどうしよう・・・と思ったのだが、彼女の双子のお嬢さんにネイビーの「Dice-K」のTシャツ。ボストンでは、空港には松坂のTシャツはあまりいいのがなくて、断念したそうだ。よかった、よかった。彼女からは、いろいろ本をいただきました。おもしろそうな本で、読むのが楽しみです。ありがとう!
家に帰ると、またまた、子かえるたちは、晩ご飯前に撃沈したそうです。あらら。いつになったら、晩ご飯、食べられるようになるのかねえ。
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-27 03:07 | 一時帰国

5月26日 さっそく、動物園

ボストンを去って、日本へ一時帰国。忘れ去る前に、思い出を記しておきます。

時差ぼけもあって、朝早くから起床。それでも、前回の帰国よりはよかった。前回の帰国の時は、子かえるたちは真夜中に起きていたからね。帰国翌日早々から予定が入っている。ボストンで知り合った友達Sさんと、神戸の王子動物園へ。彼女は、岡山在住なんだけど、実家が須磨なので、ママがえるたちが帰国したときは、会いに行けるから、といってくれていたのだ。かえる家の方は、大阪の爺婆かえるも引き連れて、王子動物園に参上。大阪の爺婆かえるは子かえるたちと一緒の時を過ごしたいでしょ。それに、大阪の爺婆かえるもいてくれないと、ママがえるはゆっくり友達と話することすらできませんからねえ。実は、ママがえるも友達Sさんも、王子動物園は初めて。都会にある割に、広いし、いろいろ動物もいるし、なかなかよかったです。ちびちびかえるの大好きなぞうさんもいるし、パンダやコアラもいるし、満足、満足。大阪の爺婆かえるのおかげで、ママがえるもSさんと話せたし。Sさんの息子さんのW君。ちびちびかえるより、4ヶ月年下なのだが、日本語が上手。普通の3歳児は、このくらいおしゃべりできるんだぁ!!!ちょっと、それはショックでした。Sさんは、去年の9月に帰国されたのですが、彼女が、帰国して2ヶ月ぐらいは、あまりしゃべらなかったけど、それから急にしゃべるようになったのよ、といっていました。ボストンでは、彼女は家にいてほとんど日本語環境だったけど、やっぱり、W君にとっては違ったようです。うちの子かえるたちは、バイリンガルな環境なので、比べる方がおかしいのですが。子かえるたちの日本語のレベルがわかった、よかったと思います。
まだ、時差ぼけも残っているので、お昼過ぎには、動物園を退散。子かえるたちもずいぶんがんばったのですが、晩ご飯の前に撃沈。せっかくのおいしい、日本のご飯なのに・・・
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-26 03:04 | 一時帰国

日本より

無事、木曜日にボストンをたち、金曜日に日本につきました。大阪までなので、飛行機3回乗って。大人も疲れますが、子かえるたちはがんばってくれました。

子かえるたちが、爺婆に会えて、大興奮。ママがえるも親孝行しているよね。

暫らく更新できないと思いますが、よろしくお願いします。

日本にいる間に、美味しいものを食べるぞ!!!
[PR]
# by kaerunokosodate | 2007-05-25 05:51 | ひとりごと