人気ブログランキング |

災難はやってくる

人の話を聞いていて、そんなに、いろいろなことが降りかかってきます?大変だなあ、と思っていたことが、自分に起こっている感じ。次から次へと、まるで連鎖反応的に起きるもんだ。幸い、命に関わるものではないので、何とかなるだろう、とは思うのだけれども。
まあ、先日のママがえるの車の事故。その前に、ママがえるの父が腎臓に石が出来て入院中。10年前にも同じような事が起きているので、入院は大変だけど、まあ大丈夫でしょう、と思っていた。それが今回は、一度破砕した石が、一気に尿管に集まって詰まってしまったらしい。それで再び再入院。ただ、遠く離れていると、難しい処置ではないと分かっていても、心配になる。それも、よりによって、こんなにバタバタしているときに・・・幸い、お隣のラボに、先月まで、現役泌尿器科の臨床医の先生がいらっしゃるので、ママがえるも、いろいろ詳しく話を聞けるので、少しは安心できる。それに、まだそんなに命に関わる病気、例えば脳卒中、心臓発作、癌、などの病気じゃないのが救いか。親には、いつまでも元気でいてくれえ〜!と無責任にも思ってしまう。
もう一つの災難は、仕事の災難。去年の夏頃には論文になるか、と思っていた仕事は、2回目の投稿から返ってきて、追加実験無しで英語の表現方法を変えたら良い程度。問題は、その後やっていた、去年に去ったポスドクの残りの仕事の続き。途中までは、トントン拍子だったけど、一番肝心の実験がうまくいかない。もう数ヶ月取り組んでいるが、迷宮入りしかけていた。いろいろな実験結果から、とんでもない結論に。実験系の根本を揺るがしかねない。もしかしたら、このまま迷宮入りかも・・・もうこれ以上、ママがえるの手では負えません。時間がないし。でも、論文が一つ減る・・・それは、ちょっと残念。
もうこれ以上、何も起きませんように・・・クリスチャンであるまじき発言だが、ママがえる、厄年じゃないよね???
by kaerunokosodate | 2007-04-15 05:39 | ひとりごと
<< ボストンマラソン Big Apple Circus >>