2007年 05月 30日 ( 1 )

5月30日 白浜旅行 後半

天気予報では、雨でした。それも、かなり絶望的な。しかーーし、今回の旅行には、お姉さんがえるという、強―い晴れ女がいるんですね。ママがえる、お姉さんがえるがどのくらい強―い晴れ女か半信半疑だったんですが、この一日で、しっかり信じました。ほんとに、雨をもけち散らす晴れ女ですわ。
温泉宿なので、朝から一風呂浴びまして、朝食も終了。本来の予定では、この日一日野外活動だったが、雨の天気予報と昨日閉館だったエネルギー館に振り替えで行くことになった。それでも、エネルギー館の開館よりまだ時間がある。ということで、円月島、白浜海中展望塔、三段壁の名勝へ。雨が、パラ、パラと落ちてくるが、まあ、我慢できる。白浜は透明感があり海がきれいですね。先日の千畳敷と言い、円月島、三段壁でも海がきれいだと思いました。海中展望塔では魚が餌付けされていて、ずいぶん寄ってきていました。そうでもないと、たくさん魚は見れないんでしょうね。三段壁は、怖かったです。そそり立つ絶壁。日本での有数の自殺の名所でもあるそうです。また、そこに教会の看板があり、先日、ボストンの教会で祈りの課題に載っていた教会のもので、ここのことだったのか、と驚きました。この看板のおかげで、命が救われることもあるそうです。三段壁を後にして、平草原を経てエネルギー館へ。平草原は、白浜が一望できるとか。
エネルギー館は、「新ジュラシックツアー」をしているので、お姉さんがえるが選んでくれました。その他にも錯視錯覚を体験できるところもあり、それなりにおもしろかったです。雨が降ったのは、このエネルギー館にいる間だけ。エネルギー館をでた後は、青空でした。帰りの渋滞に巻き込まれる前に、家に戻りたかったので、早めに白浜を脱出。帰りに、「とれとれ市」に寄って、お昼と晩ご飯を調達。ちびかえるのために、小さめのするめをゲット。また、市場でモンゴイカと遭遇。日本語では「(甲)イカ」だけど、英語では、cuttlefish。Squidではないんですね。ちびかえるのおかげで勉強になりました。
行きも帰りも渋滞に巻き込まれず、スムーズに行きました。天気予報で雨だったけど、晴れ女のお姉さんがえるのおかげで、エネルギー館の中にいるときだけ、土砂降り。 ミニバンは、仕事で運転しているという、お姉さんがえるがずっと運転してくれました。楽しい旅行になりました。爺婆かえるにも、子かえるたちとのいい思い出になってくれたと思います。
[PR]
by kaerunokosodate | 2007-05-30 05:59 | 一時帰国